バスケットボールの全国高校選手権大会(12月23~29日・調布市武蔵野の森総合スポーツプラザほか)の組み合わせ抽選が13日に行われた。佐賀県勢は、4年連続15度目の出場となる男子の佐賀東が岡山商科大附属、3年連続6度目の出場の女子の佐賀北がアレセイア湘南(神奈川)と、それぞれ23日の1回戦で対戦する。

 男子で2連覇を狙う今夏の全国高校総体王者の福岡第一は2回戦から登場し、北陸学院(石川)-つくば秀英(茨城)の勝者と対戦することが決まった。高校総体準優勝の北陸(福井)も2回戦が初戦で海星(三重)-長崎西の勝者と戦う。同じブロックに入った昨年準優勝の中部大第一(愛知)は白樺学園(北海道)と1回戦で対戦する。

 女子で高校総体2連覇中の桜花学園(愛知)は広島観音-足羽(福井)の勝者と、高校総体2位で昨年覇者の岐阜女は高岡第一(富山)-市尼崎(兵庫)の勝者といずれも2回戦で激突する。

 今大会から出場チームの数は男女とも50から60に拡大。高校総体の優勝、準優勝校や各都道府県代表などが出場する。

 
このエントリーをはてなブックマークに追加