DeNAの筒香嘉智外野手(左)と、西武の秋山翔吾外野手

 【スコッツデール(米アリゾナ州)共同】米大リーグの球団幹部や代理人が集うゼネラルマネジャー(GM)会議が13日、アリゾナ州スコッツデールで3日目を迎え、マリナーズのジェリー・ディポトGMは野手陣の補強に「現状の若い選手で戦っていく予定だ。今オフは先発投手を優先に考えている」と消極的な姿勢を示した。

 米メディアなどではメジャー移籍を目指すプロ野球西武の秋山翔吾、DeNAの筒香嘉智両外野手に適した球団と報じられていた。

 救援投手は「先発に比べて選択肢がある」とし、ダイヤモンドバックスからフリーエージェントになった平野佳寿投手には含みを持たせた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加