漫画「北斗の拳」とコラボし、「お前はもう死んでいる」などの名せりふを記した芋焼酎と前掛け=鹿島市の光武酒造場

 鹿島市の光武酒造場が人気漫画「北斗の拳」とコラボした芋焼酎が発売8カ月で累計約27万本(900ミリリットル、1・8リットル入り)を売り上げるヒット商品となっている。8月末までの業者向けキャンペーンでプレゼントしていた、主人公らと名せりふを描いた布製の「前掛け」も人気を呼び、前掛け自体の販売も始めた。

 芋焼酎のコラボ商品は、「北斗の拳」連載開始35周年記念として2種類を、3月から売り出した。瓶に主人公ケンシロウとせりふ「お前はもう死んでいる」を、宿命のライバルで兄のラオウと「我が生涯に一片の悔い無し」を描いた。ケンシロウの瓶は黄金千貫(こがねせんがん)(鹿児島産)で仕込んだまろやかな味わい、ラオウの瓶は「紅はるか」を使った柔らかな飲み口と甘い香りが楽しめる。

 前掛けは飲食店や納品業者から同じデザインで作ってほしいと要望を受けた。8月のキャンペーンには予約が殺到して生産が追い付かず、一時出荷を見合わせた。2千枚を受け付け、今月から出荷を再開した。光武博之社長(57)は「前掛けは見込みの約10倍の注文で生産が追い付かない」と驚いている。

 コラボ商品は、漫画家の永井豪さんの画業50周年とデビルマンの連載開始45周年を記念して2018年3月に発売した「デビルマン魔界への誘い」が第1弾。永井さん作「キューティーハニー」のはちみつ梅酒を第2弾で販売している。光武社長と「北斗の拳」の作画監督、和田卓也さんが仕事を通じて知り合い、コラボ企画が持ち上がった。

 北斗の拳のコラボ芋焼酎は900ミリリットルが1600円、1・8リットルが3200円、前掛け3500円(いずれも税別)。鹿島市の観光酒蔵肥前屋(峰松酒造場)とウェブサイトなどで購入できる。

このエントリーをはてなブックマークに追加