SMFオムニバスCD

 「サガンミュージックフェスティバル(SMF)」が16、17日、佐賀市の県立博物館や市内の飲食店など計18会場で開かれる。国内と韓国から約60組のアーティストが集結し、佐賀の街が音楽一色に染まる。

 16日夜は市内の飲食店などで参加アーティストたちが演奏。17日は11時にメイン会場の県立博物館広場前(入場無料)で、発起人の佐野マサルさん率いる佐野マサルバンドのブルースで幕を開け、結成50周年を迎える日本ロックのレジェンド「頭脳警察」のPANTA、長崎出身のロックバンド「横道坊主」が多彩なパフォーマンスを繰り広げる。飲食店や雑貨店など9店舗の出店やSMFオリジナルTシャツの販売がある。参加アーティストに呼びかけて制作した九州豪雨の復興を願ったオムニバスCDも販売する。災害復興のためPANTAが作詞作曲したという「SaganFunkyNight」は同日ライブ音源として収録され、CD購入者にはダウンロードできるQRコードの特典がつく。CDの売り上げの一部は災害支援に寄付する。

 佐野さんは「入場無料にこだわってきたのは、気軽に来て、街にライブができるお店があることに気づいて、日頃の生活に音楽をとりいれてほしいから。ぜひこの機会に音楽に触れてほしい」と呼びかける。問い合わせは実行委員会、電話090(9657)0288。

このエントリーをはてなブックマークに追加