「SmileFood(スマイルフード)」のメンバー(提供)

おにぎり作りの体験をする子どもたち(提供)

 武雄高校の生徒が今夏、武雄市のまちづくりについて自ら考え、企画を実践した10件のプロジェクトについて、内容と生徒たちの感想を連載で紹介する。

 「SmileFood(スマイルフード)」の4人は、子どもたちと一緒におにぎり作りを体験した。「よりみちステーションぼちぼちや」の子ども食堂事業の一環として活動した。おにぎり作りでは、交流しながら地域のことを知ってもらおうと、黒米や若楠ポークなどの特産品を使用した。見慣れない黒米に驚く子どももいたという。

 2年の有吉美優さんは「試作の時に料理が焦げてしまったため、料理を中心に当日の見直しをしていたが、体験中は子どもたちにも目配りしないといけないので役割分担が難しかった」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加