2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会が、観客の熱中症対策として、競技会場へのペットボトルの持ち込みを1人1本に限って認める方向で関係組織と調整を進めていることが13日、分かった。液体を使ったテロへの警戒から近年の大会では持ち込みが禁じられていたが、東京では緩和する方針。ペットボトルの飲料水の無料配布案も浮上している。

 ペットボトルの持ち込み容認を巡っては、IOCの最高位スポンサーで、会場内の清涼飲料水の独占販売権を持つ「コカ・コーラ」の理解を得られるかどうかがネックとなっている。組織委は同社の権利保護の観点も考慮しながら協議を続けているもようだ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加