ライトアップされた鳥栖市河内町の大山祇神社=2018年11月17日撮影(鳥栖市提供)

ライトアップされた鳥栖市河内町の大山祇神社=2018年11月17日撮影、鳥栖市提供

 鳥栖市河内町の大山祇(おおやまずみ)神社の紅葉が16、17の両日、午後5時半~同9時までライトアップされる。イロハモミジやイチョウ、ケヤキなど群生する古木が光の中に浮かび上がる。

 地元住民らでつくる「河内やまびこ会」(牟田忠儀会長)が主催。16日は午後5時半から点灯式があり、午後8時40分まで能の上演、鳥栖商高吹奏楽部やサックス、尺八の演奏、市村自然塾九州による合唱などのステージイベントが行われる。

 神社は九千部山中腹に位置し、県や鳥栖市が登録した名木・古木が数百年の時をゆっくりと刻んでいる。その景観は2009年度に22世紀に残す県遺産として認定された。

このエントリーをはてなブックマークに追加