政府が2026年度中の完成、開館を目指す新たな国立公文書館の基本設計の全容が12日、判明した。歴史的資料の保存機能を地下3~4階の建物最下部に集約。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加