佐賀県は22日正午過ぎ、微小粒子状物質(PM2・5)の1日平均濃度が国の暫定指針(1立方メートルあたり70マイクログラム)を超過する恐れがあるとして、外出を控えるよう県内全域に注意喚起した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加