バレーボール・Vリーグは10日、兵庫県の神戸総合運動公園体育館などで4試合があり、久光製薬スプリングス(鳥栖市)はデンソーに1―3で敗れた。通算成績は3勝4敗でカンファレンス4位。

 久光製薬は第1セット、石井優希を中心に攻め立て、25―21で先取。第2セットは相手の強烈なスパイクを止めきれずに落とすと、第3セットも相手の勢いにのまれ12―25で奪われた。第4セットは井上愛里沙や加藤光らの好打で対抗したが、要所で相手に連続得点を許し22―25。デンソーの全勝を止めることができなかった。

 久光製薬の次戦は16日で、兵庫県のウインク体育館でヴィクトリーナ姫路と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加