「北部九州の交通インフラ整備」をテーマに講演した国土交通省顧問の森昌文氏=福岡市中央区天神のエルガーラホール

 交通インフラの展望をテーマにしたシンポジウムが11日、福岡市であった。九州新幹線長崎ルート新鳥栖―武雄温泉間の整備方式見直しを巡る議論では、国土交通省の前事務次官で顧問の森昌文氏が登壇し、「フル規格が適当」とした与党検討委員会の意見を踏まえ「(佐賀、長崎の)両県知事とJR九州とで議論を早く進め、取りまとめていければ」と述べ、国交省を含めた4者協議の実現に努める姿勢を強調した。

 森氏はフリーゲージトレイン(軌間可変電車、FGT)を断念したことなど長崎ルートの経緯を基調講演で振り返った。多額の費用負担などを理由にフル規格での整備方針に反発している佐賀県に配慮してか、「フル規格かミニ新幹線かの議論を、まさにゼロベースで各方面と進めさせてもらえれば」と発言した。一方でパネル討論では「与党の方針を参考にしてもらいながら議論を」と、フル規格が前提との考えも示した。

 他のパネリストから佐賀県が未着工区間について「新幹線整備は求めていない」と主張していることを指摘された森氏は、在来線を活用するFGTであっても、新幹線の整備に変わりはなく、新鳥栖―武雄温泉間も整備計画に含まれるとの見解を示した。

このエントリーをはてなブックマークに追加