大分県の社会福祉法人同心会の一原浩理事長が9日、佐賀市内で講演し、地域社会の目線から認知症を語り、地域の役割として「認知症患者だけでなく、その家族を支える役目も担っている」と話した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加