九州電力の瓜生道明社長は12日、玄海原発(佐賀県東松浦郡玄海町)で重大事故時の対応拠点となる免震重要棟建設について「これからの検討課題で、現時点では白紙」とあらためて再検討する考えを示した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加