サガテレビ10月度の放送番組審議会(稲岡司委員長、10人)は、10月18日に放送したバラエティー番組「FNSソフト工場 せつない真実のものがたり~ブタのなげき~」について審議した。

 委員からは「切ないというキーワードでここまでのバラエティーができるのかと感心した」「音楽が情景に合っていてよかった」という意見の一方、「アンタッチャブル柴田さんとブタのイメージが合わなかった」「不快にさせる部分もなかったが、驚かすような部分も必要だったように思う」といった意見が出された。

このエントリーをはてなブックマークに追加