京都アニメーション放火殺人事件の青葉真司容疑者(41)が京都府警の事情聴取に容疑を大筋で認め「どうせ死刑になる」などと話していたことが9日、捜査関係者への取材で分かった。

このエントリーをはてなブックマークに追加