サツマイモを掘り、笑顔を見せる利用者=佐賀市久保泉町のやまぐち薬局農園

 佐賀市兵庫南の障害者支援センター「長光園」の利用者ら24人が6日、同市久保泉町のやまぐち薬局農園でサツマイモ掘りを体験した。

 利用者は、スタッフに支えられながら土を掘り、イモを引っ張り上げると、歓声を上げたり、ミミズに驚いた表情を見せたりして、笑顔の絶えないひとときを過ごした。ボランティアの女性会が、収穫したサツマイモをかき揚げにし、舌鼓を打った。

 同園の宮崎一哉園長(59)は「利用者の表情がとてもいい。土に触れて、大地を感じて穏やかでにこやか。毎年楽しみにしている」と笑顔で話した。

 収穫は、農園を所有するやまぐち薬局の山口智康社長(75)が、同園に呼び掛け11回目。春にはタマネギの収穫体験も行っている。

このエントリーをはてなブックマークに追加