国際オリンピック委員会(IOC)が東京五輪のマラソンと競歩のコースを札幌市に移転することを独自に決定し、日本側の対応が注目された4者協議は東京都が同意しないまま、大会組織委員会と政府が了承し、移転が確定した。

 開催都市とIOCの間に溝ができた。異常な状態のままで今後の準備は大丈夫かと心配になる。

 札幌市はコースの設定とその整備、テロ対策をはじめとする警備体制、選手を含む関係者用ホテルの確保など、課題が山積みだ。組織委は全力で準備を急ぎ、札幌市を支えなければならない。

 それにしても、IOCの手続きは強権的だった。つい数カ月前まで東京都と組織委の熱中症対策を高く評価していたにもかかわらず、移転計画を突然発表した。

 調整委員会の委員長は「決定は既になされた。IOC理事会にはこのような決定を下す権限がある」と言い放った。IOCと開催都市は相互理解と緊密な連携を尊重する伝統があるのに、取り付く島がない。

 選手に良好な環境を提供するため、より気温の低い札幌での開催が好ましいと考えるのは理解できる。しかし、なぜ、開幕まで9カ月を切ったこのタイミングなのか。

 IOCは移転案を事前に組織委に連絡する一方、東京都にはぎりぎりまで通知しなかった。相談しても反対されるに違いないと踏んだのだろう。誠実さが感じられない。

 東京都は遮熱性舗装を含むマラソンコースの整備と、9月に実施した五輪のテスト大会などで、既に約三百数十億円の税金を投入したという。東京都が憤るのも分かる。都側に瑕疵(かし)は見当たらないのだから。

 IOCは中東カタールのドーハ世界陸上選手権でマラソンと競歩に多くの途中棄権者が出たことに危機感を募らせた。しかし、そのことをもって直ちに東京五輪も同様の状況が予想されると結論づけるのは無理がある。科学的、合理的根拠が示されていない。

 日中は50度まで気温が上昇することもあるドーハでは、両種目が深夜から未明にかけて実施された。普段眠りに就いている時間で、選手の中には体内時計の調整がうまくできなかった者もいたのではないか。

 また、街灯などを頼りに暗い中で競技する特殊な環境だったから、疲労した選手は精神的なダメージがより大きくなった可能性もある。

 IOCは、われわれこそ選手に寄り添う五輪運動の主導者だとアピールしたかったようだ。

 その宣伝のために、東京の中心地を走りたいと願っていた選手、また、沿道から選手に声援を送り、五輪の雰囲気を味わい、大切な思い出にしたいと考えていた首都圏などの市民の夢が奪われてしまったとすれば、とても残念なことだ。

 IOCは金のかからない大会開催と、レガシー(遺産)が開催国と開催都市に残ることが大切だと強調している。この移転はその方針に反する。自己矛盾ではないか。

 組織委の手続きにも首をかしげざるを得ない。これほど重要な計画変更なのに、最高議決機関である理事会を開催することなく4者協議に臨んだ。五輪の出場経験がある理事が数人いるのに、そうしたアスリートの声を吸い上げることなく、IOC決定に追随したのはどうしたことだろう。(共同通信・竹内浩)

このエントリーをはてなブックマークに追加