31年にわたり計30回の沖縄、韓国への訪問を続けてきた「武雄市少年の船」を運営してきた協会が25日までに解散した。市からの補助金の一部が打ち切られることと、参加する小中学生の減少が主な理由という。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加