ゾンビランドサガとコラボする伊万里湾大花火2019のキービジュアル(C)ゾンビランドサガ製作委員会

27日発売のアルバム「ゾンビランドサガ フランシュシュ The Best」のジャケット(C)ゾンビランドサガ製作委員会

サンリオキャラクターズとのコラボで、ハローキティの衣装を着た「ゾンビランドサガ」の主人公源さくら(C)ゾンビランドサガ製作委員会

ゾンビランドサガとのコラボで「フランシュシュ」メンバーに扮(ふん)したサンリオキャラクターズ(C)ゾンビランドサガ製作委員会

 伊万里市と佐賀新聞社が16日、伊万里湾を舞台に開催する「伊万里湾大花火2019」(Cygames(サイゲームス)特別協賛)で、ことしもテレビアニメ「ゾンビランドサガ」とのコラボが決定した。キャストによるトークイベントのほか、ゾンビランドサガコラボ花火の打ち上げなどで花火大会を一層盛り上げる。

 トークイベントは17時20分から伊万里市黒川町の伊万里港七ツ島地区会場特設ステージで開き、田野アサミさん(二階堂サキ役)と衣川里佳さん(ゆうぎり役)の2人が登場する。トークイベントに先立ち、15時20分からはアニメ本編の第11話と第12(最終)話を上映するほか、大会オリジナルのコラボグッズを販売する。

 花火大会は15時開場で、トークイベント後の18時打ち上げ開始。東京ドーム約3個分にも及ぶ三尺玉は九州最大級。昨年に続くゾンビランドサガとのコラボ花火は、27日発売のアルバムに収録される新曲「佐賀事変」に合わせて打ち上げる演出。花火は、伊万里湾大橋を渡った久原地区のサブ会場でも観覧できる。

 またゾンビランドサガについては、27日発売のアルバム「ゾンビランドサガ フランシュシュ The Best」のジャケットが10月31日、解禁された。作中のアイドル「フランシュシュ」のメンバーが寄り添いりんとしたまなざしを向けるイメージで、アーティスト性漂うビジュアルになっている。併せて、22日に全国公開される米映画「ゾンビランド:ダブルタップ」やサンリオキャラクターズとのコラボも決定した。

 「ゾンビランドサガ」は、ゾンビとなった少女たちが佐賀を舞台にアイドルとして活躍する作品。昨年10月から12月にかけて放送されて大人気となり、アニメ総選挙2018年間大賞など数々の賞を受けたほか、多くのファンがイベントや「聖地巡礼」に県内を訪れた。続編「ゾンビランドサガ リベンジ」の制作が決定している。

このエントリーをはてなブックマークに追加