九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖―武雄温泉)に関し、佐賀県知事と国土交通相が面談したことを巡り、長崎県の中村法道知事は30日、「(佐賀県知事が)大臣と面談されたことはいいこと」と述べ、事業の進展に期待感を示した。

 西九州自動車道の整備促進要望で訪れていた国土交通省で取材に応じた。28日に山口祥義知事と赤羽一嘉国交相が面談したことに関し、中村知事は「中身はほとんど聞いていない」とした上で、面談自体を「いいこと」と評価し、「今後の協議にしっかりつながっていけばと期待している」と話した。

 中村知事は西九州自動車道建設推進協議会の会長で、山口知事は副会長。午前中に都内で開いた建設促進大会は両者出席した。山口知事は公務で帰佐し、その後の要望活動には同行しなかった。中村知事は「道路の件で来た。(山口知事と)新幹線の話はしていない」と述べた。

このエントリーをはてなブックマークに追加