唐津市中心部では10月の夜、くんち囃子(ばやし)が響く。大名小路にある櫓(やぐら)前の広場は、9番曳山「武田信玄の兜(かぶと)」の木綿町の練習会場。男の子が交代で練習用の太鼓をたたいていた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加