唐津市が新調したスタッフベスト。背中に全国ふるさと甲子園でナンバーワンに輝いたことを記すロゴが入っている

全国ふるさと甲子園のロゴ

 唐津市は8月の「全国ふるさと甲子園」でグランプリに輝いた特典として、大会ロゴが使用できるようになった。イベントなどで職員が着るベストの背中にプリントするなど、今後は市のグッズや発行物、サイトなどに用いて市のPRに活用する。

 大会は映画やドラマの「ロケ地」が、ご当地グルメなど地域の魅力を紹介するもので、唐津市は「行きたいまちナンバーワン」に輝いた。

 日本列島をバックに全国ふるさと甲子園の文字を組み合わせたロゴに、令和元年の第5回大会開催を示す「令和初の『行きたいまちNo.1』」の文字を添える。

 新調したベストは2日に始まる唐津くんちで、交通整理や雑踏警備に当たる市職員が早速着用する。市経済観光部は「ロゴは観光に限らず、移住定住策など唐津のイメージアップへ向け全庁的に使っていく。民間の活用についても勧めていきたい」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加