熱気球が飛行できるのは、1日のうち風が穏やかな数時間に限られる。主に日の出直後と日没前で、昼のさなかには競技ができないことが多い。そうした中、観客を飽きさせず、どうやって会場にとどまらせるか。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加