合併10周年を迎えた嬉野市の市曲「ふるさとの空よ」が完成した。手掛けたのは人気デュオ「ゆず」との共同楽曲制作などで知られる篠笛(しのぶえ)奏者の佐藤和哉さん=唐津市出身。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加