(1)佐賀市富士町市川の天衝舞(てんつくまい)浮立で、華やかな着物で道行きを楽しむ子どもたち=佐賀市富士町市川(22日付19面)


(2)古代米「赤米」の稲刈り体験で、刈り取った稲を干すために、2人掛かりで運ぶ三田川中生=吉野ケ里歴史公園(18日付23面)


(3)第16回佐賀新聞社旗争奪唐松地区少年軟式野球大会で優勝した長松ホークスの選手たち=唐津市の浄水センターグラウンド(21日付23面)

 

市村自然塾(鳥栖市)が来年度の塾生募集

市村自然塾のかつどうで、稲刈り体験をする子どもたち(提供写真)

 農作物の栽培(さいばい)から収穫(しゅうかく)までの農業体験などができる鳥栖市(とすし)のNPO法人「市村自然塾(じゅく)九州」が2020年3月から活動する塾生を募集(ぼしゅう)しています。募集期間は11月30日まで。
 市村自然塾は「生きる力を大地から学ぶ」を基本(きほん)理念に子どもたちの健全育成、成長を支援(しえん)しています。6人チームの共同作業で野菜や米など約40種類の農作物を自ら栽培、収穫を行います。
 小学4年から中学2年までの男女各30人を募集。活動期間は、男子は3月13日~11月22日、女子は3月20日~11月29日。男女とも年間18回開き、隔週(かくしゅう)、金曜夕方から日曜昼(ひる)過(す)ぎまでの2泊(はく)3日で活動します。
 応募(おうぼ)方法は同塾のウェブサイトから塾生応募願書をダウンロード。面談で選考し、応募者多数の場合は抽選(ちゅうせん)。問い合わせは市村自然塾九州、電話0942(82)5211。ウェブサイトはhttp://www.szj‐k.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加