道具を使いながら模型の橋を作る生徒たち=佐賀市の市産業振興会館

 伊万里市に事業所がある名村造船所(なむらぞうせんしょ)は18日、佐賀市諸富町の市産業振興(しんこう)会(かい)館で、鳥栖工高土木(どぼく)科(か)2年の39人を招(まね)いた現場(げんば)見学会を開きました。生徒たちは模型(もけい)の橋を作ったり、同社が携(たずさ)わる有明海沿岸(えんがん)道路の工事現場を見たりして、土木や橋を架(か)ける技術(ぎじゅつ)への関心を高めました。
 子どもたちが土木への関心を高め、将来(しょうらい)、建設(けんせつ)業界(ぎょうかい)に携わるきっかけにしようと実施(じっし)しました。
 有明海沿岸道路や橋を架ける工事について説明があった後、班(はん)に分かれて模型の橋を作る体験を行いました。生徒たちは切った厚紙(あつがみ)の部品を、溶接(ようせつ)に見立てて道具でのり付けしました。強度を高めるため、各自で補強(ほきょう)する箇所(かしょ)を増(ふ)やすなど工夫(くふう)しました。各班の完成した模型は、強度を測(はか)って順位を決めました。
 班のメンバーと協力しながら模型を作った野口(のぐち)凌(りょう)さんは「体験は想像(そうぞう)以上に細かい作業もあった。橋のことに興味(きょうみ)が湧(わ)いた」と話しました。(21日付21面)

このエントリーをはてなブックマークに追加