ソフトテニスのアジアジュニア大会で優勝した藤井智暉さんと母の律子さん。左は嬉野市の村上大祐市長=同市役所

 8月末にフィリピンで開かれた「第1回アジアジュニアソフトテニス選手権(せんしゅけん)大会」で、嬉野市の塩田中1年の藤井(ふじい)智暉(ともき)さんが12歳(さい)以下のシングルス男子の部で優勝(ゆうしょう)しました。15日に同市役所を訪(おとず)れて村上(むらかみ)大祐(だいすけ)市長に報告(ほうこく)し、「練習通りのプレーができた。優勝できてうれしかった」と笑顔(えがお)を見せました。
 大会は8月26~31日に開催(かいさい)され、15の国と地域(ちいき)の代表選手が参加しました。日の丸を背負(せお)った藤井さんは、持ち味のサーブやスマッシュを武器(ぶき)に勝ち上がり、決勝戦では台湾(たいわん)代表の選手と対戦。3セットを先取しましたが、その後2セットを取られ、追い上げられました。それでも「強い気持ちを持って、諦(あきら)めずに試合ができた」と藤井さん。次のセットを奪(うば)って優勝を決めました。
 同行した母の律子(りつこ)さん(48)は「負(ま)けず嫌(ぎら)いな性格(せいかく)で、試合を重ねるたびに調子が良くなっていた」と成長に驚(おどろ)いた様子。藤井さんは12歳以下のダブルス男子の部でも3位に入賞しました。
 表敬(ひょうけい)訪問(ほうもん)では、村上市長が「市としても今後の活躍(かつやく)を応援(おうえん)していきたい」と激励(げきれい)。藤井さんは「アジア大会で学んだことを生かして、国際(こくさい)大会で活躍できる選手になりたい」とさらなる飛躍(ひやく)を誓(ちか)いました。(19日付19面)

このエントリーをはてなブックマークに追加