参加者と意見交換したれいわ新選組の山本太郎代表=佐賀市

 れいわ新選組の山本太郎代表が25日、佐賀県を訪れ、県民と意見交換をした。

 「おしゃべり会」と銘打った意見交換会には約250人が参加した。山本氏は「参院での6年間、政治が壊されていく様子を見てきた」と述べ、「これまでの政治で被害を受けたのは地方都市」と、こうして意見を交わす意義を強調した。

 質疑応答では、参加者が自衛隊輸送機オスプレイの佐賀空港配備計画への考え方を質問した。山本氏は「佐賀にオスプレイが来れば、どのくらい財政が変わるのか。(日本に)必要ないものを無理矢理導入する必要はない」と答えた。

 山本氏は地域の実情を把握する狙いで9月から全国行脚をしている。26日は佐賀市内でポスターを張った後、福岡市の街頭で記者会見をする。

このエントリーをはてなブックマークに追加