収穫が本格化しているイチゴの苗を枯らす立ち枯れ病が神埼地区や三養基地区で広がっている。例年は夏から秋にかけて発生し、気温の低下とともに終息するが、今季は暖冬の影響で1月に入っても被害が収まらない。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加