ソフトウエア開発などを手掛けるアイセル(本社・大阪府、草川定雄会長)は27日、佐賀市と進出協定を結んだ。駅前中央のビル内にソリューションセンター(仮称)を設け、東京本社で受注したシステム開発やインターネットにおけるビジネス支援を担う。事業所を6月に開設、3年間で正社員40人を地元から雇用する予定。