上峰町内で保護された猫。不妊・去勢手術を施して、再び放たれる

 上峰町は野良猫による環境課題の解決に向け、ふるさと納税の仕組みを活用した「ガバメントクラウドファンディング(GCF)」で資金を調達する取り組みを始めた。寄付の目標額は250万円で、野良猫の不妊・去勢手術の費用として助成し、猫と共存できる地域づくりを目指す。

 町内では、中心部の坊所地区の住宅地を中心に野良猫による被害が多発している。住民から「ふん尿の臭いで困っている」「発情期の鳴き声がひどい」などの苦情が寄せられており、町はこれまでもさまざまな対応を実施していた。

 寄付はふるさと納税サイト「ふるさとチョイス」で受け付けている。集まった寄付金は、飼い主がいない猫を管理する活動に取り組む町内の団体などを通じ、猫の不妊・去勢手術の費用として活用する。助成額は去勢手術が1万円、不妊手術は2万円となっている。

 武広勇平町長は「手術を行うことで、殺処分される猫を少しでも減らしたい。人と動物が共生できる町づくりを進めていく」と話している。

このエントリーをはてなブックマークに追加