記者会見する鈴木直道北海道知事=23日、北海道庁

 2020年東京五輪のマラソンと競歩の札幌開催案を巡り、小池百合子東京都知事が「北方領土でやったらどうか」と発言したことに対し、鈴木直道北海道知事は23日の定例記者会見で「元島民の方々のことを思うと非常に残念な発言」と批判した。

 小池知事が突如浮上した札幌開催案に不快感を強めていることについて鈴木知事は「今まで準備を進めてきた関係者にとっては突然のお話で発言は当然かと思う」と理解を示した。一方で北方領土発言については「意図や真意が分かりかねるが、元島民や国民の思いに照らすと適切なものとは思えない」と語気を強めた。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加