台風21号の予想進路(23日18時現在)

 非常に強い台風21号は24日に勢力を維持して小笠原諸島へ最接近する見込みで、気象庁は23日、記録的な暴風が吹く恐れがあるとして、厳重警戒を呼び掛けた。その後は26日にかけて東日本や東北の沖に進むとみられ、25~26日は東日本の太平洋側を中心に警報級の高波になる可能性がある。

 気象庁によると、小笠原諸島で24日にかけて予想される最大風速(最大瞬間風速)は45メートル(65メートル)、波の高さは10メートル。雷を伴った非常に激しい雨が降る恐れもあり、24日午後6時までの24時間予想雨量は多い地域で150ミリ。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加