東京都内で開かれた西村経済再生相と経団連の意見交換会=23日午前

 西村康稔経済再生担当相は23日、東京都内で開かれた経団連との意見交換会で、2020年春闘において「外需に不透明感がある中で厳しい面があると思うが、賃上げの継続をお願いしたい」と要請した。会合には経団連の中西宏明会長(日立製作所会長)ら幹部が出席した。

 西村氏は冒頭のあいさつで「6年連続で今世紀に入って最高水準の(春闘での)賃上げが続いてきている。デフレ脱却に向けて継続が必要だ」と強調した。中西氏は「(経団連の委員会での)検討を継続していきたい」と応じたという。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加