100種類以上のワインや佐賀の日本酒などを飲み比べる来場者たち=佐賀市呉服元町の656広場

100種類以上のワインや佐賀の日本酒などを飲み比べる来場者たち=佐賀市呉服元町の656広場

 8月末の佐賀豪雨の被災地を支援するチャリティーワイン・日本酒イベント「SagaのがばいVinちゃん」(同実行委員会主催)が12日、佐賀市呉服元町の656広場で開かれた。全国からワイン輸入業者や飲食店などが出店し、約200万円の収益を義援金として贈る。

 イベントは3年前からワイン愛好家向けに開いているが、チャリティーにするのは初めて。東京、広島などの約40企業、店舗が協賛した。来場者は配布されるグラスを手に100種類以上のワイン、日本酒を飲み比べて買い求めた。佐賀市の会社員永松佳樹さんは「購入することで支援になれば」と話した。

 力久繁文実行委員長(40)は「唐人町周辺は被害が大きく、何か形になる支援をしたいと思っていた。全国から駆けつけてもらってありがたい」と話した。

このエントリーをはてなブックマークに追加