鹿島市内で小売や飲食店などが苦戦して廃業が相次いでいる。鹿島商工会議所のまとめによると、2018年度までの3年間で69事業所に上った。業績不振や店主の高齢化、跡継ぎがいない後継難が背景にある。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加