九州新幹線長崎ルートの未着工区間(新鳥栖-武雄温泉)の整備に関するロジェクトチーム(座長・中倉政義県議団会長、PT)の第2回会合が21日、佐賀市内で開かれた。メンバー10人が整備方式ごとの論点を出し合い、議論した。

 会合は議会の自民会派控室で開かれ、非公開。終了後、取材に応じた中倉氏は今後、JR九州や国土交通省から話を聞く考えを改めて示した。「原発再稼働や佐賀空港へのオスプレイ配備計画では推進決議をしたが、新幹線は県財政の負担を伴う点が大きく違う」とし、「党本部の与党PTがフル規格の方針を決めたから、そうなるという話ではない。先延ばしするつもりはないが、しっかり議論する」と強調した。

このエントリーをはてなブックマークに追加