第48回日本男子ソフトボールリーグ第4節第2日は20日、栃木県の美原公園野球場などで17試合が行われた。ダイワアクト(佐賀市)はデンソー(愛知)とホンダエンジニアリング(栃木)に連勝し、通算成績を12勝3敗とした。

 ダイワアクトは、デンソー戦で先発のアンドリュー・カークパトリックが好投し、3-0で完封勝ちを収めた。続くホンダエンジニアリング戦は、古川恵士、野中耕太郎、ウエムル・マタが本塁打を放ち、三回までに6得点。マタとアンドリューの継投で相手の反撃をしのぎ、6-4で競り勝った。

 第4節最終日は21日、雨で延期されていた今節の残り試合があり、ダイワアクトは日本エコシステム(岐阜)と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加