ホーム戦2連勝を飾り、笑顔を見せる久光製薬スプリングスの選手たち=SAGAサンライズパーク総合体育館

 バレーボール・Vリーグ女子の久光製薬スプリングス(鳥栖市)は20日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館でヴィクトリーナ姫路を3―0で破り、ホーム連戦で開幕2連勝を飾った。

 久光製薬は第1セット、井上愛里沙のサービスエースなど7連続ポイントでリード。その後、相手の追い上げでジュースにもつれたが、井上、クラウジノ・ファビアナがスパイクを決めて26―24と競り勝った。第2セットはファビアナと岩坂名奈がスパイク、ブロックに活躍し、25―10で圧倒。第3セットは競り合う展開となったものの、終盤に相手を突き放して25―22で制した。

 久光製薬の次戦は26日で、岡山県高梁市で岡山シーガルズと対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加