1回戦・佐賀学園-鹿児島城西 1回裏、連打で無死一、二塁となり、主戦浜野翔太(左手前)のもとに集まる佐賀学園ナイン=みどりの森県営球場

 第145回九州地区高校野球大会第2日は20日、佐賀市のみどりの森県営球場などで1回戦の残り4試合が行われた。佐賀県勢は第1代表の佐賀学園が鹿児島城西(鹿児島第2代表)に0-7で七回コールド負けした。

 佐賀学園は主戦浜野が12安打を浴び、打線は相手の先発八方(唐津一中出身)に1安打に抑え込まれた。

 大分商は116季ぶり出場の大崎(長崎)に4―3で競り勝った。城北(熊本)は今夏の全国選手権出場の富島(宮崎)に8―7でサヨナラ勝ち。福岡第一は初出場の八重山農林(沖縄)を8―1で七回コールド勝ちした。

 21日の準々決勝は明豊(大分)―沖縄尚学、宮崎日大―創成館(長崎)、鹿児島城西―城北、大分商―福岡第一のカードとなった。

 

▽1回戦

富島(宮崎) 210002020-7

城北(熊本) 201002111×-8

 

大分商    0100200001-4

大崎(長崎) 0000000300-3

(延長十回)

 

八重山農林(沖縄)0010000-1

福岡第一     130013×-8

(七回規定によりコールドゲーム)

 

今日の試合

【みどりの森県営球場】

 ▽準々決勝

明豊―沖縄尚学(10時)

大分商―福岡第一(12時30分)

【佐賀ブルースタジアム】

 ▽準々決勝

宮崎日大―創成館(10時)

鹿児島城西―城北(12時30分)

このエントリーをはてなブックマークに追加