速く走るポイントなどをアドバイスする木村文子選手

50メートル競走で小学生と勝負するウォルシュ・ジュリアン選手(中央)=佐賀市の本丸通り

車いすで疾走する中尾有沙選手(中央)

華麗にハードルを越える泉谷駿介選手

小学生と50メートル競走で勝負する木村文子選手(中央)=佐賀市の本丸通り

 陸上競技の一流アスリートが街中の路上でパフォーマンスを見せる「ストリート陸上」が20日、佐賀市の県立博物館・美術館東側の本丸通りで開かれた。世界選手権に出場したウォルシュ・ジュリアン選手(男子400メートル)、木村文子(女子100メートル障害)選手らが爆発的なスピードで仮設トラックを走り、ファンを沸かせた。

 両選手を含め、棒高跳びや車いす100メートルの選手ら6人が登場した。選手は、スタート時の姿勢やハードルを越える際の踏み切りなどについて解説し、実際に走りを披露。沿道を埋めた人たちは、スピード感やフォームの美しさを間近で体感した。

 ウォルシュ選手と木村選手は、小学生2人ずつと50メートル競走で対決。ウォルシュ選手は8メートル後方からスタートし、木村選手はハードルを2台置くハンディ戦で、佐賀陸上クラブの樫野太志君(若楠小6年)はウォルシュ選手の猛烈な追い上げを振り切ってゴールし、選手らを驚かせた。木村選手は1位でゴールし「大人げない走りをしました」と会場を笑わせた。

 樫野君は「ウォルシュ選手の足音が聞こえてきて抜かれると思ったけど、後半伸びた」とうれしそうだった。イベントは県民のスポーツへの関心を高めようと県が開いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加