昨年の川落とし合戦で水しぶきを上げて伊万里川に落ちる団車(手前)と荒神輿=伊万里市

 伊万里の街を祭り一色に染めるトンテントン祭り(伊萬里神社御神幸祭)が25~27日、市中心部で開かれる。重さ500キロを超える2基の神輿(みこし)が激しくぶつかり、組み合って倒れる「合戦」が各所で行われる。

 実行委員会は今年、見物客が多く集まる街中で合戦を行う回数を増やした。初日の宵祭りの合戦場所を、伊万里中グラウンドから商工会議所前広場に変更した。昨年までは神輿を組み合うだけの「模擬合戦」を行っていた伊万里駅前広場と浜町交差点でも、神輿を組んで倒す。

 合戦を巡っては2006年に死傷事故があり、神輿をシナリオ通りに倒すなど安全対策を講じて13年に再開した。その際、「合戦は土の上で行い、それ以外の場所では原則、模擬合戦を行う」ことも実行委員会内で確認していたが、駅前広場と浜町交差点でも合戦ができるように規約を変えた。

 今回の方針転換について櫻井徳幸実行委員長(61)は「街中での合戦の再開を望む声が年々強くなっていた。長い期間をかけて安全対策に取り組み、事故なくできると判断した」と話す。

 祭りは「荒神輿」「団車(だんじり)」と呼ばれる二つの神輿が激しくぶつかり合うさまから、日本三大けんか祭りの一つに数えられている。

 合戦の場所と予定時刻は次の通り。

 【25日】

商工会議所前広場=午後6時35分

 【26日】

敬徳高校=午前11時5分▽市民センター(模擬合戦)=午後0時35分▽駅前広場=同1時20分▽商工会議所前広場=同1時40分▽東八谷搦おまつり広場=同2時半

 【27日】

東八谷搦おまつり広場=午後1時半▽商工会議所前広場=同2時40分▽浜町交差点=同3時半▽川落とし合戦場=同6時半

このエントリーをはてなブックマークに追加