体験者に8分間の肩マッサージをする盲学校の生徒=佐賀市天神のアバンセ

 特別支援学校が職業学習の様子を紹介するフォーラムが16日、佐賀市天神のアバンセで開かれた。県内9校が参加し、企業や福祉施設のスタッフら約250人が各校の取り組みに触れた。

 学校や企業での学習内容発表のほか、生徒が作った製品や農産物の販売などがあり、就労を目指す活動を紹介した。

 このうち県立盲学校のブースでは、3年の中島浩道さん(50)と松本勉さん(51)が8分間の肩マッサージを実演し、体験者に「強くありませんか」などと声を掛けていた。中島さんは「学校であん摩マッサージ指圧師の資格を取り、企業で数年修行して、自分で訪問マッサージを始めたい」と話していた。

 生徒の就労支援や職業教育に協力するサポーター企業に認定されている企業は114社(8月末時点)あり、顕著な功績があった企業の表彰も行われた。

このエントリーをはてなブックマークに追加