決勝・長松ホークス―相知レインボー 六回途中からマウンドに上がり、最終回も3人で抑えた宮﨑淳多投手=唐津市の浄水センターグラウンド

 決勝で相知レインボーに競り勝った長松ホークス。中でも4番、捕手、投手の“三刀流”でチームを引っ張った宮﨑淳多選手の活躍が光った。

 チームで抑え投手を任せられている宮﨑選手は、六回途中からマウンドに上がった。1球でイニングを終わらせると、最終回もマウンドへ。テンポのいいピッチングで最後のバッターを左飛に打ち取ると、両手を高く突き上げて喜びを爆発させた。

 普段は一塁手と投手を兼任しているが、今大会は主力捕手がけがで出場できず、急きょ代役を務めた。捕手にはめずらしい左投げだが、決勝はタイプの違う左右の投手2人をリードし、最少失点に抑えた。4番としては、初回の満塁のチャンスで右翼へ先制となる犠飛を放ち、きっちりと仕事を果たした。

 宮﨑選手は「6年生が出られる大会は少なくなってきているので、優勝できて良かった」と笑顔を見せた。

このエントリーをはてなブックマークに追加