上峰町商工会女性部が買い取っているツバキの種

 上峰町商工会女性部(江島昭子部長)は、同女性部が販売する「上峰椿オイル」の原料となるツバキの種を買い取っている。今年は原料が少なく、「自宅の庭や山などで採取した種をぜひ持って来てほしい」と呼び掛けている。

 同女性部は町木であるツバキを使って、椿オイルやハンドクリームを製造・販売している。今年は天候不順に加え、7月の大雨で収穫場所であった鎮西山中腹に続く道が通行止めになっている影響で、種の収量が大幅に減少している。

 買い取り価格は1キロ400円で、募集目標は60キロ。同商工会は「収穫した実を1週間ほど乾燥させると割れてくるので、中の実だけを商工会に持って来てほしい」と話している。問い合わせは同商工会、電話0952(52)9505。

このエントリーをはてなブックマークに追加