久光製薬スプリングス-日立リヴァーレ 第3セット、アタックを決め雄たけびを上げる久光のクラウジノ・ファビアナ(2)=佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館

 バレーボールVリーグ女子の久光製薬スプリングス(鳥栖市)は19日、佐賀市のSAGAサンライズパーク総合体育館で日立リヴァーレと対戦し、3―0で快勝した。

 久光製薬は第1セット、石井優希や新鍋理沙らのスパイクで得点を重ね、25―21で先取。第2セットは相手の粘り強い守備と速いコンビバレーに苦しんだが、リベロの戸江真奈の粘り強いレシーブなどから野本梨佳が要所でポイントを奪って25―23で競り勝った。

 第3セットは序盤に連続失点を許したものの、ブラジルから新加入のファビアナの強烈なスパイクで勝ち越すと、最後は岩坂名奈のサービスエースで勝利をつかんだ。久光製薬はホーム連戦で、20日午後0時半から同体育館でヴィクトリーナ姫路と対戦する。

 ▽女子

久光製薬(3)3―0日立(3)

岡山シーガルズ(3)3―0姫路(0)

デンソー(3)3―0NEC(0)

東レ(3)3―1PFU(3)

トヨタ車体(9)3―1KUROBE(1)

JT(4)3―2埼玉上尾(1)

このエントリーをはてなブックマークに追加