鳥栖-磐田 後半22分、勝ち越しゴールを決めてチームメートに祝福される鳥栖FW金崎(中央)=静岡県磐田市のヤマハスタジアム

 鳥栖は2度のリードを生かせず、勝ち点1に終わった。

 前半12分、ゴール前で起点となったFW金崎からのスルーパスに、FWクエンカが反応し、相手GKの頭上を越すシュートで先制に成功した。しかしロスタイム2分、FWルキアンにヘディングでゴールを奪われ、1-1で前半を折り返した。

 後半、鳥栖は11分にFW小野、17分にMF安庸佑と攻撃的なカードを切る。攻勢に出ると22分、クエンカからパスを受けた金崎が勝ち越しのゴールを決めた。このまま逃げ切りたかったが、39分に途中出場のMFアダイウトンにゴールネットを揺らされ、悔しい引き分けとなった。

このエントリーをはてなブックマークに追加