歌人思い日常を歌に 神埼市脊振出身の教育者で歌人の服巻紫浪(本名・四郎、1906~1968年)をたたえる短歌の集いが15日、脊振町の脊振中(江島良介校長)で開かれた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加