佐賀県大会で優勝した佐賀学園ナイン

 第145回九州地区高校野球大会は19日、佐賀市のみどりの森県営球場と佐賀ブルースタジアムで開幕する。来春の選抜大会出場校選出の重要な資料となる大会で、佐賀での開催は9季ぶり。県勢は2季ぶり16度目の佐賀学園と9季ぶり15度目の唐津商が出場する。

 佐賀学園は20日午前10時からみどりの森県営球場で鹿児島城西(鹿児島第2代表)と対戦。唐津商は大会初日の19日午前11時半から佐賀ブルースタジアムで明豊(大分第1代表)と戦う。

 大会には各県大会を勝ち抜いた16校が出場する。夏春連続の甲子園出場を目指す富島(宮崎)や沖縄尚学、今春の選抜大会4強の明豊(大分)など実力校が顔をそろえ、レベルの高い戦いが予想される。大会を前に出場16校の戦力を紹介する。

このエントリーをはてなブックマークに追加