25日にグランドオープンする複合商業施設「KARAE」=唐津市の中心商店街

25日にグランドオープンする複合商業施設「KARAE」=唐津市の中心商店街

 唐津市のまちづくり会社「いきいき唐津」(木下修一社長)の複合商業施設「KARAE(唐重)」が25日、市中心商店街にグランドオープンする。1階フロアを中心に飲食店、映画館、アンテナショップの利用が始まる。

 飲食店ではシャンリー唐津が出店する。陳建一氏の兄弟子、立岡池敏(ちとし)氏がオーナーシェフを務める佐賀市でも人気の中華料理が唐津で味わえる。KARAE・TABLE(カラエ・テーブル)はブックカフェ。地元食材やオーガニック食材を使用し、ランチやスイーツも充実させる。

 唐津で約30年ぶりの映画館「シアターENYA(演屋)」は、全62席でミニシアター系からメジャー作品まで幅広く上映する。アンテナショップでは唐津や佐賀ゆかりのグッズ、雑貨、土産品を扱う。入り口にはインフォメーションも設置。ホテル利用客の荷物預かりなど、さまざまなサービスを提供する案内所になっている。

 11月からは3階のホテル・カラエも開業。相部屋からハイクラスな部屋まで幅広く利用できる。12月には2階に「ミーム唐津」と名付けたシェアオフィス、レンタルミーティングスペースを展開する。

 「KARAE」は呉服町の南側と京町の西側に位置する再開発事業。鉄筋コンクリート3階建てで、建築面積は約1210平方メートル。外観、内装は白砂青松の唐津の自然美などから着想を得たデザインとなっている。

 20日に現地で竣工式が開かれる。同社は「地元にも楽しんでもらい、観光客には唐津観光の拠点の一つになれば」と話す。問い合わせは同社、電話0955(72)3278。

このエントリーをはてなブックマークに追加